スタッフブログ

2020.06.10

👀なら伝統工芸⑤~大塔坪杓子・栗木細工~👀

👀なら伝統工芸⑤~大塔坪杓子・栗木細工~👀

 

奈良県が誇る伝統工芸品の中から

主に中南和地方で作られてきたものを

ご紹介してきましたが、

最終回は五條市で作られている

「大塔坪杓子・栗木細工」です。

 

吉野地方では室町時代の頃から、木地師による坪杓子・飯杓子などの

製造が盛んに行われており、原材料には主に栗の木を用いているそうです。

 

水に強く、耐久性に富み、使い込むと木地の味わいが増すとの事。

金属やプラスチック製品の普及で生産は減少し、

現在作られている職人さんは1軒だけになっているとか・・・

 

かなり昔ですが、

明日香村でのマルシェイベントで

購入した杓子がコチラです👇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり使い込んでいますが、

木が固く丈夫なうえに非常に軽く、

とても使いやすいです。

 

身近に使える伝統工芸品を生活に取り入れると

気持ちが豊かになるような気がします。

地元の奈良県にはどんな伝統があるのか、

引続きリサーチしていこうと思います❣👀